加齢にともなう物忘れの原因について

加齢にともなう物忘れの原因について

年齢を重ねていくと物忘れが多くなると一般的に言われています。吉野式記憶術は年齢に関係無く習得できるので、高齢の方でも記憶力をアップすることができます。

しかし、やっぱり自分でもできるだけ気をつけていきたいですよね。そこで物忘れの原因について考えていきたい思います。

物忘れの原因

もちろん個人差もありますし、考えられている1部の例にしか過ぎませんが、加齢による物忘れの原因についてまとめてみました。

脳の老化

年を重ねるとともに、脳も体と同様に老化していきます。それによって脳の神経細胞の機能の低下、脳の血流の低下といった加齢変化が記憶力の低下につながります。

老化自体を止めることはできませんので、低下した記憶力を吉野式記憶術で向上させるのが1番効果的だと思います。

寝不足

ついつい夜更かしをしてしまったりすることがあるかと思いますが、実は睡眠不足が脳の老化を早めるという研究結果が発表されてます。

シンガポール国立大学医科大学院の研究者らによると、睡眠時間が1時間短くなるごとに、脳の萎縮が進むことが判明したそうです。

たった1時間の睡眠の違いでも脳の老化を早めてしまうのはびっくりですよね。また睡眠の質にも影響を受けるようで、布団に入ってもなかなか寝れない、すぐに目が覚めてしまうような人は睡眠の質を高めるために行動した方が良いかもしれません。

ストレス

強いストレスを受けると脳内のストレスホルモンの濃度が上昇し、物忘れの誘因となります。ストレスによって、自律神経やホルモンバランスの乱れてしまい、記憶の働きに悪影響を与えてしまいます。

ストレスは身体的にも精神的にも様々な悪影響を及ぼしますが、記憶力にも関わってくるのは驚きですね。

物忘れをしないようにできること

睡眠時間を確保した規則正しい生活をすることはもちろん1日10分の軽い運動をすることも良いとされています。

また趣味を楽しんだりすることも効果があると言われており、音楽や写真など、自分ならではの趣味を楽しむことが、神経ネットワークの効率を高めることに有効です。

神経ネットワークの効率を高めると、脳細胞がダメージを受けても、他の情報処理経路で代償することができ、認知機能の低下を防ぐことができると考えられています。

物忘れをしないために、自分で気をつけるべきところもあったと思います。若い人も高齢の人も吉野式記憶術の習得と併せて私生活を見直してみてはいかがでしょうか。

TOPページを見る